道場紹介

伝統の練心館

戦後まもなく現草津町駐在所の裏手に大島 保(初代館長)が道場を開いたことから練心館(草津町柔道倶楽部)はスタートし草津町の青少年への柔道の宣揚と教育に努めてきました。 その後、少年少女部として草津町柔道スポーツ少年団としても活動を始め、駐在所の拡大に伴い道場を移設し現在は草津町総合体育館の柔道場にて活動をしています。 今でも初代館長を称え年に一度、草津町柔道大会大島杯が開催され当団は柔道を通した子供たちの健全なる育成を目標に自他共栄と精力善用を掲げ指導しています。 また草津温泉には嘉納 治五郎氏が、 訪れた当時の軌跡が希少ながら残っておりその一部は、練心館が道場を開いた時より託されて管理しています。

道場の詳細(ポスター風)

04号05号12号01号≫preparing it...

柔道着一枚から始められるスポーツ

であり気持ちさえあれば直ぐに始められます。柔道にはスポーツとしてだけではなく伝統と歴史ある日本の武道として心身ともに成長していく良さがあります。 武道故の忍耐が忍耐故の優しさと強さが自然に備わって行きます。

交流も積極的に

当団は地域の他道場の練習や試合に参加することはもちろんの事、さらに広く積極的に交流を求めています。これは遠征や他道場と交流することで団員も指導者も刺激を受け広く見識を深め成長して行くと考えているからです。 主に吾妻合同練習や利根沼田小学生強化練習会などが定期的に行われているため当団は積極的にこれらにも参加し交流を深めています。 また、それに賛同し交流して頂ける道場がございましたら是非この機会にご連絡下さい。

草津温泉ならではの道場(施設は2会場)

草津温泉は世界有数の温泉と高原地と言う涼しい気候から各スポーツの合宿地として最適で多くのスポーツマンが日々訪れています。この総合体育館の道場もまた、各大学の柔道部の練習場に度々なり優秀な選手が厳しい練習に汗を流すことがあります。 当団はその縁ある道場で練習ができることを貴重なものとしてそれに驕ることなく負けず劣らずの精神で練習に励みます。

道場アクセスマップ(草津町総合体育館)


拡大する+

Copyright ©2010 renshinkan All rights reserved. powered by kusatsu.flier.jp
※参考資料として当団の写真が一部掲載されました。2010-02 スポーツなんでも事典 武道